2014年6月20日

ボーダーレス社会、グローバル社会となった現在、相続の問題は日本人のみならず外国籍の方々にも及んでいます。
グローバル社会においては、資産が日本にあるだけとは限りません。
また、「海外に資産がる場合の相続の方法」や「相続人に海外居住者がいる場合の相続の方法」、そして「配偶者が外国籍の場合の相続の方法」など日本の法律だけでなく、外国の法律を加味しなければならない状況下にあるなど多岐に渡っています。

ここでは、外国籍の方が関係する相続についての専門家である、「国際相続.com|外国籍・外国人の方の相続・海外の資産の手続きなら」をご紹介したいと思います。

国際相続.com

国際相続を専門に取り扱うサイトである「国際相続.com」では、国際相続に精通した多くの弁護士が、相談者に適切な助言をしてくれますし、国際相続の方法について相談に乗ってくれます。
「国際相続.com」では、国際相続についての詳細説明や、取扱い事例、具体的な相談の進め方、そして見積もりなどを掲載していますので、安心して相談することができます。
特に、「国際相続が発生した場合の対処方法」や「海外にある資産は相続税の対象になるのか」、そして「海外にある不動産はどう評価するのか」などのQ&Aは判りやすいと好評です。

また、「相続相談室」では、「海外移住者が移住先で死亡した場合は、相続税が課税されますか?」などと言った具体的な実例を説明しています。

国際相続でお悩みの方は、ぜひ「国際相続.com」をご活用いただき、有利な相続税対策を見つけられることをお奨めします。

Post tags: