2014年6月20日

ボーダーレス社会、グローバル社会となった現在、相続の問題は日本人のみならず外国籍の方々にも及んでいます。
グローバル社会においては、資産が日本にあるだけとは限りません。
また、「海外に資産がる場合の相続の方法」や「相続人に海外居住者がいる場合の相続の方法」、そして「配偶者が外国籍の場合の相続の方法」など日本の法律だけでなく、外国の法律を加味しなければならない状況下にあるなど多岐に渡っています。

ここでは、外国籍の方が関係する相続についての専門家である、「国際相続.com|外国籍・外国人の方の相続・海外の資産の手続きなら」をご紹介したいと思います。

国際相続.com

国際相続を専門に取り扱うサイトである「国際相続.com」では、国際相続に精通した多くの弁護士が、相談者に適切な助言をしてくれますし、国際相続の方法について相談に乗ってくれます。
「国際相続.com」では、国際相続についての詳細説明や、取扱い事例、具体的な相談の進め方、そして見積もりなどを掲載していますので、安心して相談することができます。
特に、「国際相続が発生した場合の対処方法」や「海外にある資産は相続税の対象になるのか」、そして「海外にある不動産はどう評価するのか」などのQ&Aは判りやすいと好評です。

また、「相続相談室」では、「海外移住者が移住先で死亡した場合は、相続税が課税されますか?」などと言った具体的な実例を説明しています。

国際相続でお悩みの方は、ぜひ「国際相続.com」をご活用いただき、有利な相続税対策を見つけられることをお奨めします。

Post tags:

2013年4月8日

ロレックス買取“ロレックス”と言えば、言わずとしれた、高級腕時計ブランドです。
100年以上の歴史を持つスイスのメーカーで、高級時計のメーカーとして世界的に知られています。
性能・機能の良さはもちろんですが、デザインや宝飾にも力を入れ、ダイヤモンドをあしらったり、金を使ったりといったことから高級感を出す工夫もされています。

価格も、軽自動車や中古車を買えるような値段が普通です。

単なる腕時計としてだけでなく、中古品が出回っていること、世界的な信頼があることからも、一種の資産という価値もあると思います。
「お金に困ったら、世界中どこでもお金に換金できる物のひとつ」という話があるほどです。

いま、まさに、「換金」を考えているロレックスをお持ちなら、こちらのサイトがおすすめです。

→ ◆◇◆ ロレックス買取はこちらのHPを見ると良いですよ。 ◆◇◆

こちらは、ロレックス専門買取業者の『カイトリマン』です。

中古市場に多く出回り、価値の高いロレックスですが、その買い取り価格は店によって、67,000円以上も違うのだそうです。
買い取り額40万円以上の物だと、14万円以上の差があるそうです。
こんなに損をするのは嫌ですよね。

『カイトリマン』は、ロレックス専門買取店で、買取専門のプロが競り合って買い取るので、どこよりも高く買い取ってもらえます。

ロレックスを売るならば、まず、『カイトリマン』の「査定実績検索」で査定額を確かめてみてください!

Post tags:

2013年4月1日

世の中には様々な保険が存在しますが、特にがん保険選びってなかなか思うようにいかず難しいですよね。
私も少し前までがん保険選びでかなり悩んでいました。

日本人の病気による死因で常にトップに入っているがんですが、やはり万が一に備えて保険には加入しておきたいものです。
なんといってもがんになってしまった時の治療費が非常に高額になってしまうからです。

どの程度高額になるかというと、一例ですが入院・通院費、手術代、先進医療、投薬治療費などがあります。
入院費はおよそ一日5千~1万かかりますし、手術代は一回につき数万~数十万は必要です。
また、投薬料は進行状況により数十万かかることもあります。

最近では先進医療を受ける方が多くなっていますが一回につき数十万~場合によっては数千万単位の費用が必要です。
先進医療は技術料相当分が健康保険適用外であるため全て自己負担しなければならず、とてもではないが支払える額では無いと思います。

がん保険は入院や手術保障はもちろん、先進医療特約も出来れば付けておいたほうがいいと思います。
でも、がん保険は様々な会社からたくさん販売されてるため選ぶだけでも一苦労です。

もしがん保険選びで悩んだ時、選び方について詳しく解説しているサイトが有りました。
気になったら一度ご覧になってみてください。

参考:http://www.cnotarial-madrid.com/

Post tags: